勝ちを拾うパチンコブログ

勝ちを拾うパチンコブログ
1パチで遊び+ちょっとのプラスを目指して頑張っている「あか」のブログです

スポンサーサイト 【勝ちを拾うパチンコブログ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URLスポンサーサイト
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

新基準羽根物2機種 【勝ちを拾うパチンコブログ】

こんばんは、あかです。
非常に久々のブログのような気が(^^;
今月はあまり稼動していないのでなかなか書くことがなかったのでした。

いよいよ我がHomeにも新基準羽根物がお目見えしました。

本日新台入替初日、12時オープン、その時間からはいけませんでしたが、夕方より打つことができたのでご報告します(^^;

Homeに入ったのはミラクルカーペットとイヤミのここで一発!の2機種が入りました。代わりにはずれたのはデビルマンとカジノキング(現金機)でした。一機種は羽根物、もう一機種はST機に近いものでした。
でデビルマンの代わりにイヤミ、カジノキングの代わりにミラクルが入ったわけです。

Homeにいったところ当然空き台はなかったので、とりあえず見てました。イヤミは自分的には打つ気にはなれなさそう。というのも自分の嫌いな要素がてんこ盛りでした。ワープルートがあり、Vゾーンは回転体、唯一良いと思うのは羽根の開閉角度くらい。
2R、8R、16Rと振り分け、ただ、V入賞時を1Rとカウントしてしまうため、実際はそれより1R少ない状態となり以前のデビルマンと振り分け的には一緒。
あのワープルートはなんとかならないものでしょうか、羽根に入った玉とワープから出た玉が見分けがつかず、盤面で目の行き場所があっちいったりこっちいったりで忙しすぎです。
というのは人が打っているのを後ろから見た感想です(^^;
たぶん私は打たないでしょう。出てても。

もう一台のミラクルカーペットですが、こちらは打ってみました。
さてその感想を

デジタル振り分けは、3,8,16ただ、こちらも1Rは入賞をカウントしますので実際は2,7,15です。
大当たり中は羽根物なのにアタッカーに玉が拾われます。ただゲージ構成的に拾いが若干辛く感じました。ラウンドは9カウントです。
以前の羽根物は15で10カウントですから、出玉が削られたということになります。デジタルの振り分け後はアタッカーに玉を拾わせますが、Vゾーンがありません、よってパンクはなしです。自力継続もなしです。
今までとの一番の大きな違いはチャッカーでしょう、2,3,2で、1がありません。つまり鳴くと最低2なわけです(その分よりませんが)

さて、拾ったあとのヤクモノですが、マジカペよりは多少ましかなぁ(^^;
Vゾーンは動きません、が、Vに誘導するレールが動きます、V入賞のルートとしてはそのレールに入ってなおかつVに行かなければなりません、タイミングが悪いとこぼれます(なんどもありました)まれな入賞ルートとしては、カーペットから後ろへ行き、レールが左右のどちらかによってる時にまっすぐV入賞するというのがあります(1回だけありました)

やってみては辛勝という形でした。振り分けは以前の羽根物と同じでしょうか、とりあえずめちゃくちゃな偏りはなかったようです。

今までと比べてどうかということ、使えるか、否かで判断すると自分としてはイヤミは×、ミラクルは状況によりというところでしょうか。
両機ともパンクはないので当たり中は安心して打てます。Vが遠いかどうかは両方とも遠く感じます。

基準が変わったとき、打ち手にとってプラスとなるかマイナスとなるか、見極めが必要です。

以前CR機の基準が変わって大ヤマト2などが出たとき、500分の1の台が出たとき、打ち手は良かったのでしょうか、疑問です。

羽根物新基準機、台にもよりますが、打ち手にとってプラスとなるかマイナスとなるか、判定は数ヶ月後には出るでしょう

基準は上の方から降りてくるだけです、振り回されるのはいつも打ち手です。パチンコ本来の遊べるものをもっともっと多く出して欲しいものです。継続ラウンドは上がる傾向ですが、少なくていいんです、大当たり回数をもっとふやせばいいわけですから。
以前の一回の大当たり出玉が1000発いかない頃の方が遊べたなぁと思います。

こうは言ってみても、新しいものへ対応しなければだめなのは分かってるんですけどね(^^;
とりあえず、ミラクルをもう少し追ってみようと思ってます。
スポンサーサイト

記事URL新基準羽根物2機種
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
旧記事群 コメント : - トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。