勝ちを拾うパチンコブログ

勝ちを拾うパチンコブログ
1パチで遊び+ちょっとのプラスを目指して頑張っている「あか」のブログです

スポンサーサイト 【勝ちを拾うパチンコブログ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URLスポンサーサイト
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

イベントの価値と有効性 出るとは? 【勝ちを拾うパチンコブログ】

はじめにお断りしておきますが、この記事は、一ユーザー、打ち手の意見としてつづったものです、異論もあるかと思いますが、あくまで一意見としてお考え下さい、他意はございません。記事に問題があれば削除いたしますので、ご一報お願いします。

パチンコ屋は今、毎日イベントをやってます。イベントをやらなければいけないというルールがあるわけではありませんが、カレンダーの日付の数字にちなんだイベントなどが花盛りです。

新装も然り、一つのイベントですね。

それらのイベントの価値というのは今あるのでしょうか?

一昔前、パチンコ屋もそれほどイベントが多くはなく、新装も2ヶ月~3ヶ月に1回程度のものでした。パチンコ台のメーカーも今ほど多くなかったのでしょう。

ですからそのイベントには意味があったのです。新台を確保するためにオープン前から並び、閉店まで打ったり、出玉が多すぎて、営業時間を繰り上げて閉店する店もあったりしました。還元していた。確かにそういう感じがありました。ですから開店プロ(新装・新規のみを狙うプロ)も出ていました。

しかし時代は流れ、パチンコ台のメーカーは増え、新台入替のペースは異常にあがっています。

先日TVでやっていた番組でとても気になることを言ってました。

数年前に比べてパチンコ業界の売上は横ばいということです。

ですが、パチンコをする人の人口は減っている

つまり客単価が上がっているわけです。
今まで月に3万円負けていた人が月に5万円とかになっているかもしれません。

客単価を上げるのに一役買ったのが射幸性の高い台です。連荘率が高い機種、一撃で10万円を超える出玉を得られる場合もあります。

多くの人はその出玉を得られるわけではありませんが、可能性があるため、数万円を投資し、とても高い遊戯費となっているわけです。

さてイベントの価値に話を戻します。

毎日開催されるイベントに価値はあるのでしょうか?

あかはその価値を見出せません。

イベントコーナーの札のついた台、本来は客寄せのためにある程度の出玉を期待できるものでしょう。ここで「出る」ことへの認識の違いがあると思います。

例えば、大盤振る舞い出血大サービスのコーナーがあり、その中でも札のついた台が目玉、デジタル機なら回る、羽根物なら鳴き&拾いが良好

ということが実際にあるのか少し疑問が浮かんでいるところです。

仮にそういうコーナーがあり、台数が20台あったとして営業時間内フルに稼動して一度も当たりがなければ看板に偽りありといえそうです。

ですが、その中で1台でも1度でも当たれば「出た」ことになってしまうのではないでしょうか?

打ち手からすると「出る」とは投資以上の出玉を期待するものです。つまり勝ちですね。ですが、100%勝てる台はパチンコ屋には存在しないでしょう。

打ち手の「出る」とは勝ちです。お店の「出る」とは一度でも当たりが出れば「出した」ことになるんではないかとおもいます。というのはイベントの広告がいきすぎだと思うのです。射幸心を煽る文句がたくさん詰まっています。

同じ店などでそのイベントの価値と有効性を認識している人は別として、一見の人はイベントのコーナーにいったりするのではないでしょうか。

ここでもう一つたとえ話

仮に釘が完全に読める人がいて、打つ台を吟味できるとします。
ある台に札がついていてサービス台としておいてありました。
その人は釘を見て出ない台と見抜けました。
でもそれ以外の人は出るのではないかと打ちました。

このたとえ話、釘の読める人の存在は別として、出ない台に札が刺さっていることがありえるから恐いのです。

仮に、デジタル機だったとして、出るだろうと頑張って投資を繰り返し、連荘して4箱積みました。でも既に投資は4万円でした、つまり負けてます。でもハタから見れば、札台が出ていると見える。投資した金額は分かりませんからね。

あかが言いたいのは多すぎるイベントにお金をかけすぎて還元する原資を失っていること。有効性の薄いイベントでその価値を自ら下げている。

札をさせば人はつくかもしれません、でもその台が他の台より回ったり、鳴いたりしなければ、その札の価値は下がる一方です。

イベントも札も諸刃の剣です。その価値を決めるのはお店だと思うのですが、自らその価値を下げ、新台入替すら入れ替えて3日目には客離れを起こす。面白い台をその価値をいかす前に客がつかない稼働率が悪いからと入れ替える、それが悪い循環です。

客単価が上がり勝ち負けの金額が大きくなり、麻痺してはいけないものを麻痺させている。

そのことに気がついて欲しい

パチンコは楽しいもののはずなのに、単なるギャンブル場となってしまっている。それが良いとは思えません。

少しでも良くなって欲しい、だから気がついたことを書いた次第です。

ここで一つお遊び(^^;替え歌です

うろ覚えの曲ですけど皆さんご存知ではないでしょうか?
月光仮面の歌です。

確か

ど~この だ~れだか し~らないけれど

だ~れもが み~んな しっている~♪

とかいう感じのものをちょっと皮肉った歌にしてみました

では


ど~この だ~いだか し~らないけれど
お~かねの で~どころは しっている~♪

新台入替イベントは メーカーの味方よ~ お祭りよ~

はやてのようにあらわれて 三日も持たずに客が飛ぶ~


字余り・・・すいません、言葉のお遊びですm(__)m

良い循環を作ってくれるお店が出ることを望みます

記事で問題があれば削除いたします、ご連絡下さい
スポンサーサイト

記事URLイベントの価値と有効性 出るとは?
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
旧記事群 コメント : - トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。