勝ちを拾うパチンコブログ

勝ちを拾うパチンコブログ
1パチで遊び+ちょっとのプラスを目指して頑張っている「あか」のブログです

スポンサーサイト 【勝ちを拾うパチンコブログ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URLスポンサーサイト
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

縁のある台、縁のない台 【勝ちを拾うパチンコブログ】

例えばとてもたくさんの出玉を得て大勝を得たとき、その台を打つことはきっと縁があったのでしょう。

たくさん投資して、やめた後に誰かにすぐ出されてしまった時、その台は縁がなかったのでしょう。

これは自分に対する言葉のかけ方です。

完全確率のパチンコですが、自分がやめたあとすぐに出されると感情的に悔しいものです。その時に自分に対して言う言葉、あの台は自分に縁がなかったと

最近、それが良くあるのです。

というのは、この様な経過をたどります。よさげな台を選んで打ちます。1000円で23回まわりました。お、回るかも、と次の1000円を追加します。次の1000円では17回でした、平均すれば20回、ちょっと辛いとの判断で、台を離れます。そして次に座った人が1000円で当たってしまう。

羽根デジの場合、これが実によくあります。もともとの確率が高いこともあり、1000円とかで当たることも多い、そのため、悔しい思いがたくさんあるわけです。逆に自分がお座り一発、大当たりというのも多いのですが、人間嫌なことの方を覚えているもので、あのままあと1000円やっていれば、あの出玉は自分のものだった、などと思ったりするわけです。

でも実際は打ち続けたからといって、出たかどうかは分かりません

だから自分に対して言うのです。縁がなかったと

あかの場合、条件(回転率、鳴き&拾いなど)にあわなかった場合、台を離れます。条件に合わない台自体が、縁がなかったと考えるようにしてます(悔しいので(^^;

あと1000円で出たか?

それは神のみぞ知るというところ

自分が出せたかどうか、それを知るすべはありませんね(^^;

縁がある台、縁がない台、自分に対するいいわけでした。

みなさん自分なりに、自分を納得させる手段をお持ちと思います。

この方法はあかの方法です、同じような方もいらっしゃるかもしれませんね(^^;
スポンサーサイト

記事URL縁のある台、縁のない台
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
旧記事群 コメント : - トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。