勝ちを拾うパチンコブログ

勝ちを拾うパチンコブログ
1パチで遊び+ちょっとのプラスを目指して頑張っている「あか」のブログです

スポンサーサイト 【勝ちを拾うパチンコブログ】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URLスポンサーサイト
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

CR新・弥次喜多STFの巻 【勝ちを拾うパチンコブログ】

■CR新・弥次喜多STFです。

演出的には好きな台です。絵柄は1~9まで、どの絵柄で当たっても確変5回転、時短55回転がついてきます(6分の5で)、お祭りモードはチャンス目からのものと、大当たり後に6分の1の確率で突入します。お祭りモードは時短100回です。ちなみに調整のいい台なら時短中に玉が増えます。3個戻しですが、拾いがいいので。

アタッカー周りは玉がちょっと逃げやすいゲージのため、9カウント以上に入球を期待するのはあまりしないほうが良いでしょう。ステージの性能は中の上といったところでしょうか、黄金ハンターよりは上に感じました。

この機種も黄金ハンターの黄金エンブレムに相当する、ヤクモノがあります。盤面上部の花のヤクモノです。これが開ければほとんど当たりでしょう。実戦では花が開いてはずれたことはなかったです。後もう一つ、当たるリーチの途中に保留玉の絵柄が変わります。2種類あるそうですが、マイホの場合、通常はたこ焼きですが、たこ焼きに顔がつきます。そうすると激熱とのこと、というかはずれたことはないです。

この機種、シングルリーチとダブルリーチで信頼度が違います。ダブルの方が上、リーチもダブルの場合は2段階となります。

リーチは各図柄に合わせたものが用意されてます。
リーチの信頼度を大きくするギミックとして扇子があります。
この扇子が変動時に動いたりリーチ開始時に動くと熱いです。
ただ、9の図柄(姫)の場合、発展系リーチが扇子の舞なので、扇子が動きまくりますが、それは特に熱いわけではありません。動いたからといって箱を下ろさないように(^^;

もちろんシングルでもダブルでも当たります。どのリーチからでも当たるといえるでしょう、そういった意味では、あまり偏ってません。

この機種のキモは扇子でしょう、必ず当たるわけではありませんが、当たるリーチには扇子が絡みやすい。

打っていて思ったのは回転率のいい台だと、1回分の出玉プラス時短分で確率の逆数まで平気で回ります。55回転プラス確変5回転なので60回転あるわけです、確率は90分の1ですから、1回分の出玉で30回回ればいいということになります。30回くらいは回るのではないでしょうか

演出的にはどのリーチからも満遍なく当たっているようでした。機種によってはこのリーチだけが以上に熱いとか、この予告が絡まないとほとんど当たらないとかありますが、しいて言えば扇子ギミックくらいでしょうか。でもけっこう動いてくれるので、面白いかと(^^;

時短が必ずついている分、引き戻しもあるため、連荘率は高いようです。実際あかも13連荘したわけです。3箱弱でました。

タダはまるときはとてつもなく深いハマリを持っています。不思議とはまると扇子ギミックが動かない、動いても申し訳程度にしか動かない、扇子には動きが3パターンくらいあって全開もあれば、半開もあり、開かないで出てくるだけというのもあります。はまっているときはほとんど全開はなかったなぁ(^^;

まぁ、はまりだけを考えて打つ方はいないと思いますので、当たる連荘をイメージして打ってみると面白いと思います♪

あかはタバコは吸いません、けどパチ屋ではタバコまみれになります。やめたくてもタバコをやめられない方のためのツールです。そういった方のためのものです。


スポンサーサイト

記事URLCR新・弥次喜多STFの巻
勝ちを拾うパチンコブログTOPへ
旧記事群 コメント : - トラックバック : -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。